認知症予防研究協会は認知症予防に関する情報発信を行っています。

最近のアルツハイマー病国際学会等でDementia Prevention/Prevention trialという

言葉を耳にする機会が増えたように感じます。

古くから東洋医学にも「未病」という概念があります。

これは、リスク因子を早くから見出し、発病を未然に防ぐ対応を考えるというものです。

欧米では「先制医療」という概念も生まれております。

そこから、アルツハイマー病のアミロイド蓄積開始から症状出現までの間に

疾患修飾薬治療を開始できるように、Pre-clinical AD, MCI due to ADまたはProdromal AD

などの新たな病態概念が生まれました。

個別の先制医療構想としてはDIAN、A4やAPIなどが立ちあがっています。

しかし、これだけ新たな概念が生まれても残念ながら、

以前として根本治療薬開発が遅れています。

忸怩たる思いですが、まずは「私たちが出来ることから」

これがいつかは認知症予防に繋がると考えています。

一般社団法人認知症予防研究協会 会長

医療法人社団青藍会あんの循環器内科 理事

重村 泰子