認知症予防研究協会は認知症予防に関する情報発信を行っています。

  1. 未分類
  2. 10 view

アルツハイマー病の原因は脳のゴミ

認知症予防の研究では、脳の中にある「アミロイドβ」「タウ」と言われる二種類のタンパク質の量を調べます。

アミロイドβとは、脳組織の新陳代謝の過程で排出される「脳のゴミ」です。このゴミは脳神経を外側から傷つけます。

タウとは、アミロイドβが原因で生成される「脳の毒」です。この毒は神経そのものを破壊してしまいます。

健康な人の脳内では、アミロイドβはゴミとして脳から血管に排出され、最後には分解されますが、アルツハイマー患者はうまく排出されません。結果、アミロイドβが脳内に溜まっていきます。

アミロイドβが溜まり始めて数年経つと、今度は神経の中にタウが糸くず状の形で固まり始めます。このタウが神経細胞の死を招きます。

つまり、アミロイドβとタウという二つの異常タンパク質が、アルツハイマー病を引き起こす直接的な原因となるわけです。

 







関連記事