認知症予防研究協会は認知症予防に関する情報発信を行っています。

  1. アルツハイマー病について
  2. 19 view

アミロイドβは体の防御反応の結果として出来たゴミ。

脳の情報伝達の過程で蓄積する老廃物、アミロイドβ。

人類は何十年もの間、このゴミを取り除きさえすればアルツハイマー病が治ると信じ、新薬を研究してきました。

有名な「アミロイド仮説」というものです。

 

その仮説に基づいて開発された薬剤候補は数千にのぼります。

しかしそれらはたったひとつとして治療薬にはなりませんでした。

そうです。

現在、アルツハイマー病を根本的に治す薬はひとつもありません。

いずれも進行を遅らせるだけ。

 

アミロイド仮説のどこが間違っていたのでしょうか?

実はアミロイドβは、健康な脳が、感染やその他の攻撃、必要な栄養素の不足等から自らを守ろうとした結果、生み出されるものであることが近年分かってきました。

それゆえに、アミロイドβを取り除いても、その原因が取り除かれなければ、脳はダメージを蓄積し続け、やがてアルツハイマー病へと進んでしまいます。

 

※アミロイドβそれ自体もアルツハイマー病を引き起こす原因となります。







関連記事