アルツブロックと他社製品の違い

認知症協会の山根です。

先日もお伝えしましたが、
認知症協会監修サプリメントの
モニター様を募集しております。

こちらは書籍をご請求いただいた方限定のご案内ですが、
30日分のセットが無料でご自宅に届きます。

この機会にぜひお試しください。
https://ninchi.org/wp/ss/[ss p_f %]-a/?u=[ss u]


また、前回の記事をまだ読んでいなければ、
ぜひお読みなってください。

既存のサプリメントがダメな理由と、
認知症協会監修のサプリメントが
開発された経緯をお話ししています。

認知症協会監修サプリを無料で試してませんか?

 

さて、このアルツブロックについてですが、
他のよくあるサプリメントと比べて、
どのような違いがあるのかをわかりやすく
教えて欲しいとの声がありましたので、
補足させていただきます。

私が考えるアルツブロックの特徴は、以下の通りです。



1、食事ではとりづらい成分をしっかりとれる

書籍では、日々の食事の見直しが、
冴えを維持するためにいかに大切かという話をしました。

そして、どうしても食事だけでは
補うことが難しい成分もあるという話もしました。

もともと食べ物ではないイチョウ葉エキスや、
食品にごくわずかにしか含まれないホスファチジルセリン、
地域や季節によって入手しづらいヤマブシタケ特有の
ヘリセノン・アミロバンなどがその例です。

これらは実証データも多いため、ぜひ日常的にとりたい成分です。

現状、これら全てを含むサプリメントは、
市販されているものではアルツブロックだけです。

 

2、総合サプリメントのため、手間が少ない

予防や改善の可能性を高めるためには、1種類の成分ではなく、
できるだけ多くの成分を組み合わせることが大切だといいました。

しかしそうなると、常に何種類ものサプリメントを飲むことになり、
かなりの負担であるばかりでなく、管理や持ち運びも大変です。

うっかり切らしてしまうリスクも高まるでしょう。

その点、アルツブロックは10種類以上の
有用成分が配合された総合サプリメントとして開発されたため、
これ一つで大切な成分の大部分を補うことができます。

どんなに体にいいものでも、
すぐに飲まなくなってしまっては意味がありません。

長く続けていただくためにも、
こういう手軽さは大切だと考えました。

 

3、配合量のバランスにこだわっている

各成分の配合量に関してはかなりこだわりました。

代表的な成分の多くは推奨量の範囲に収めています。

また、過剰摂取すると副作用が懸念される成分、
たとえばイチョウ葉エキスなどは
あえて控えめな配合にしています。

サプリメントは飲み合わせの問題もあり、
深い知識もなく市販されているものを
勝手にあれこれ組み合わせると、
ある成分が過剰になったり、相性の悪い成分が混ざったりして、
むしろ健康に悪影響になってしまう場合もあります。

しっかり医師や薬剤師の指導を受けるか、
あらかじめバランスを考えて設計された
アルツブロックのようなマルチサプリメントの利用をお勧めします。

 

4、科学的根拠がある

前回も触れたように、
世の9割以上の健康食品やサプリメントは、
臨床試験を行わずに販売されています。

なぜなら臨床試験には大きなコストがかかるからです。

しかしアルツブロックに関しては、
配合成分の種類も多いため、
効果や安全性を客観的に確かめるためにも、
臨床試験は必須だと考えました。

臨床試験は九州大学・近畿大学と共同で行い、
私以外にも、栄養学教授や複数の薬剤師も参加しています。

結果は、6週間後にアルツブロックを
飲用したグループのMMSEの平均点が上昇。

もちろんこれは6週間飲めば誰でも
100%効果があるという意味ではありませんが、
少なくとも世の大半のサプリメントよりは、
信頼をいただける根拠になるのではないでしょうか。

 

5、安全性へのこだわり

臨床試験を実施したこともそうですが、
アルツブロックは安全性にも最大限配慮しています。

なにぶん継続的にお飲みいただくものですから、
体に良くないものが少しでも含まれていては問題です。

近頃の健康食品は、コストカットのため、
原料に関しては中国や東南アジアなど、
海外のものも増えてきています。

これらはパッケージを見るだけでは必ずしもわかりません。

しかし、海外産のものは
やはり品質が安定しないものも多く、
生産者の顔も見ることができません。

アルツブロックは安心してお飲みいただくために、
原料はすべて国産にこだわっています。

製造も国内のGMP認定工場で行なっています。
(GMP認定工場は国による厳しい審査があり、
特に安全性に関してはかなり厳格です。

さらに念には念を重ね、
第三者機関の日本食品分析センターによる
安全性検査も行なっております。

その結果、残留放射能・ヒ素・鉛・カドミウム・水銀・ヨウ素などの
有害物質は含まれないことが証明されています。

 

以上、手前味噌ではありますが、
アルツブロックと他社製品の違いについて
考察させていただきました。

この記事をお読みの方は、
アルツブロック初回30日分を
無料でお試しいただけます。

ご家族にご不安がある場合や、
将来の健康のために何か始めたいなと思ったら、
まずは一度お気軽にお試しください。

このサプリメントができるだけ多くの人の元に届き、
皆様の健康で笑顔溢れる毎日に寄与すれば、
開発監修したものとしてこれほど嬉しいことはありません。

アルツブロック
https://ninchi.org/wp/ss/[ss p_f %]-a/?u=[ss u]


PS.

最後に、アルツブロックに関して私の元に届くよくある質問と回答をのせておきますね。

参考になさってみてください。

ポイント

Q、1日の目安量は?
A、3粒となります。


ポイント

Q、なぜ今回無料なのですか?
A、まずはお試しいただくことが大切だと考えているからです。ご納得いただけた方だけに続けていただければと思います。


ポイント

Q、薬と一緒に飲んでも大丈夫ですか?
A、ワーファリン(ワルファリンカリウム)を含むお薬を処方されている方は、一度かかりつけのお医者様にご相談いただくことをお勧めします。その他のお薬は問題ありません。


ポイント

Q、少し月々のお値段が高いようですが。
A、"冴え"のためにとりたい複数成分をまとめて補えるマルチサプリメントであることと、原料は国産のものを使うなど、品質を重視していることが理由です。妥協して値段を下げるより、本気で悩んでおられる方のためになるものを作ろうと考えました。健康より大切なものはありません。安かろう悪かろうでは意味がありません。


ポイント

Q、初回無料でも経済的に続けられません。
A、1日3粒を2粒に減らしてください。もともとしっかりと成分を配合しているため、2粒でも十分意味はあります。不足は大部分補えます。最悪1粒でもかまいません。たとえば飲む量を半分にすれば、毎月の負担は半額です。


ポイント

Q、すでに認知症でも飲む意味がありますか?
A、もちろんです。認知症の原因のひとつは、健全な脳の維持に欠かせない大切な成分が多数不足してしまうからだとされています。すでに発症されてしまっている場合でも、それらを補うことに意味はあると考えます。


ポイント


Q、まだ若いですが飲み始めるのは早いですか? 何歳から予防に取り組むべきですか?
A、認知症のタネは、発症の25年以上前から育ち始めます。逆算すると、予防を始める適切なタイミングは40代〜50代となるでしょう。特に遺伝の可能性がある方や、記憶力にあまり自信がない方は、早め早めの予防が大切です。

ポイント

Q、まだ明確な症状はないので、対策する必要はないですか?
A、書籍や動画でも解説しましたが、認知症の恐ろしいところは、一切自覚症状がないまま進行するということです。明確な症状が現れてからでは、手遅れになってしまう可能性があります。今症状がなくても、一定の年齢になったら予防に取り組むことをおすすめします。

ポイント

Q、2ヶ月ごとに1袋など、配送ペースを変えられますか?
A、はい、変えられます。ご注文時に電話かメールでご希望のペースをお伝えください。割引率も変わりません。たとえば1日2粒なら、45日ごとのお届けにするとちょうどいいです。


ポイント

Q、本当に効果があるかどうか不安です。お金が無駄になってしまわないでしょうか?
A、おっしゃる通り、サプリメントの効果には個人差があります。ただ、今回モニター様は初回無料となっております。せっかくの機会ですので、1ヶ月だけでも試してみることをお勧めします。今回モニター様は初回無料ですので、特にデメリットはありません。また、アルツブロックには満足保証というものがあります。3ヶ月続けてみて、もし経過に満足できなければ、全額返金していただけます。まずは試していただくのが何より大切ということで、このような保証がついております。

その他、何か悩んでおられることや、ご不安なことなどあれば、お気軽にLINEでメッセージをください。

答えられる範囲で回答させていただきます。よろしくお願いします。

 

© 2020 認知症協会 All Right Reserved.