脳の老化を遅らせる方法はある?

認知症予防研究協会の山根です。

今日も若々しい脳をたもつ秘訣を学んでいきましょう。

40代、50代を超えた頃から、
私たちの外見は老い始めます。

髪には白いものが混じりはじめ、
鼻の横や目尻にはくっきりとしたシワが目立ちます。

皮膚は張りがなくなって乾燥しがちになり、
シミが浮き、ほっぺも心なしか垂れ下がってきます。

これらは分かりやすい老化の現象ですが、
もっと分かりにくい老化もあります。

それが内臓の老化です。

普段目に見えないため意識することは少ないですが、
私たちの内臓もまた着々と老化が進んでいます。

そもそもなぜ私たちの体は老化していくのでしょうか?

こうした老化を止めたり、
遅らせたりする手立てはないものでしょうか?

脳が老化するとはどういうことか?

実は老化とは、私たちの細胞が「サビていく」
ことによって引き起こされる現象です。

これを酸化といいます。

鉄が赤茶けたサビに覆われていく現象、
これも酸化ですね。

私たちの体は、年をとるにつれて
日々サビついているのです。

そして、この酸化をもたらすものが、
「活性酸素」です。

活性酸素は、私たちの細胞が
酸素を取り込む過程で自然に生まれるものです。

それ自体は避けることはできません。

活性酸素は有害で、私たちの細胞を傷つけ、
サビさせていきます。

ただし、私たちの体にも、
あらかじめ活性酸素を除去する
酵素が備わっています。

それがSODと言われる「抗酸化酵素」です。

抗酸化酵素は細胞内に存在しており、
活性酸素による酸化から体を守ってくれます。

しかし、40代を超えた頃から、
急激に抗酸化酵素は減少していきます。

そして活性酸素が優位になると、
私たちの体は一気に酸化が進み、
外見・内臓ともに老け始めます。

酸化により細胞がダメージを受けることによって、
様々な病気のリスクも急上昇します。

ガンや血管系の病気などの80%以上は
酸化が原因であると言われます。

そして私たちの臓器の中でも、
特に酸化しやすい部位が「脳」です。

人間の脳は体重のわずか2%にすぎませんが、
その酸素消費量は身体全体の20%を占めます。

つまりそれだけ活性酸素が蓄積しやすい部位なのです。

加えて、脳の大部分を構成する脂肪は
非常に酸化しやすい物質です。

脳の老化が進めば、記憶力や認知力が低下し、
本来の聡明さは失われていきます。

さらに、酸化ダメージを受けた
神経細胞はアミロイドβを分泌します。

こうして、老化した脳は
アルツハイマー病をはじめとする認知症への坂を
転がり落ちていくことになります。

では、老化を防ぐためにはどうしたらいいか?

もっとも簡単な方法は、
抗酸化力の高いものを日頃食べるということです。

加齢により失われる抗酸化酵素は、
食によってある程度補うことができます。

例えばポリフェノールです。

ポリフェノールは植物を酸化から守る機能があり、
私たちの体内に入ると抗酸化物質として作用します。

若々しい見た目や脳を保ちたければ、
積極的にとるべき成分でしょう。

ちなみに今までに最も長生きしたのは、
122歳まで生きたフランス人女性の
ジャンヌ・カルマンだと言われます。

彼女の大好物は赤ワインとチョコレート。

どちらもポリフェノールが多く含まれる食べ物です。

ポリフェノールには8000種類以上あり、
フェルラ酸やレスベラトロールなど、
認知症に効果が認められているものもあります。

詳しくは書籍の第4章以降で
詳しくご紹介していますので、
こちらもぜひ読んでみてくださいね。

===================================================
認知症予防研究協会公式ホームページ:
https://ninchiyobou.net/

お問い合わせ
https://ninchiyobou.net/contact

書籍は以下より閲覧できます。

画像をタップすると閲覧ページに移動します。


紙の本で読みたい方は、有料でご自宅に書籍をお届けいたします(代引きのみ)。
郵送版のご注文はこちら

※代金は税込630円となります(送料・代引き手数料含む)
※通常2営業日以内に発送いたします。

感想応募で1万円が当たる!キャンペーン

書籍の感想を送付すると、
抽選で毎月5名様に、
Amazonギフト券(1万円相当)をプレゼント!

リンク先下部をご確認ください。

Copyright© 認知症予防研究協会 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.