認知症予防活動支援士 認定制度

認知症予防活動支援士 認定制度についてご紹介しています。

認知症予防活動支援士とは?

認知症予防活動支援士とは?

地域に密着して認知症予防活動を支援する専門家のことです。
超高齢社会の日本において、認知症が国家レベルの社会問題となっており、その解決の鍵を握っているのは「人」です。認知症予防をわかりやすく伝え、理解を実践に変え、それを習慣化まで導いていく人材(認知症予防活動支援士)が求められています。

詳しくはこちら

2級資格取得までの流れ

2級資格取得までの流れ

2級認定講座の受講から2級資格取得までの流れをご紹介しています。
2級では、「認知症予防の専門知識」と高齢者対応で不可欠な「コミュニケーション」について習得していきます。「認知症予防活動支援士」の認定資格の取得を目指される方は、まずは2級講座の受講からスタートください。

詳しくはこちら

1級資格取得までの流れ

1級資格取得までの流れ

1級認定研修の受講から1級資格取得までの流れをご紹介しています。
1級認定研修の受講にあたり、2級認定講座修了ならびに認定登録済みであることが条件となります。
1級では、認知症予防活動支援士として現場で活用する際に必要となる「コミュニケーション」「プレゼンテーション」「インストラクション」の実践的なスキルを習得していきます。

詳しくはこちら

活躍シーン

活躍シーン

資格を取得し、実践的なスキルを身につけた後は、実際の認知症予防の現場で活躍することになります。どのような現場で活躍できるのか、3つのシーン(予防教室、講演会、高齢者との関わり)をご紹介しています。

詳しくはこちら

受講生インタビュー

受講生インタビュー

認知症予防活動支援士の資格を取得され、認知症予防のさまざまな現場で活躍されている受講生の声をご紹介します。

詳しくはこちら

© 2020 認知症協会 All Right Reserved.