ニュース

つくば市役所様での講演会において、認知症予防講演を実施

2019年3月10日(日)に、イーアスつくば(茨城県つくば市)にて、つくば市役所様からのご依頼で認知症予防講演を実施しました。

東京都健康長寿医療センターの鈴木宏幸先生が講師として登壇され、「今日からはじめる認知症予防〜認知症対策の新常識」という題目で90分にわたり、お話いただきました。

つくば市在住の約160名ちかくがご参加され、参加された皆さまからは好評をいただきました。

鈴木先生は講演の中で、

「人生100年時代、健康でいきいきと暮らしていくためには、健康に関する正しい知識を身につけることが不可欠」

「認知症は根本的には脳内の神経がダメージを受けることで引き起こされている」

「認知力を鍛えるには、今までやったことがないような新しいこと、かつ楽しく続けられるものを学習するのが効果的」

「次世代のために交流をしていると、その交流が脳への刺激となって、自身の健康につながる」

「認知症の発症は失敗ではなく、認知症になったならば、予防よりも幸福に暮らす方法を考える」

など、今では常識として知っておきたい認知症予防のお話をされました。

認知症は、脳の老化が影響しているため、誰もがいつかはかかる可能性がある病気です。

健康なうちから予防活動に努めることで、認知症の発症時期を遅らせることが可能性が高まります。

また、早い段階から将来の認知症発症に備えた準備をすることで、選べる選択の幅が広がります。

今回の認知症予防講演をきっかけに、地域活動と密着した認知症予防が実施されるのを期待しています。

当法人がまず目指しているのが、認知症に対してどのようにしていけばいいの?と不安を抱えている方々に、正しい認知症とその予防の知識を提供することで、まずは安心していただくことです。

認知症を100%避けることは、現代の医学では不可能で、全員が認知症を発症するリスクがあります。

ですが、適切な活動を行うことで、認知症の発症を遅延させることは十分に可能です。

もし、高齢者の認知症発症を5年遅らせることができれば、認知症発症者は当初の予想よりも半減(約350万人減)するという試算もあります。

認知症に対する不安を解消し、人生の質を高めるために、認知症の正しい理解と予防方法を、当法人は広げていきたいと願っています。

今回の機会を与えてくださった、つくば市役所の関係者の皆さまに感謝申し上げます。

—————————————-

認知症協会では、認知症予防講演会における講師の出張派遣を行っております。

認知症予防研究の専門家や講演歴豊富な認知症予防活動支援士などが、「物忘れと認知症との違いは?」「認知症予防のメカニズム」「認知症になっても、人生の質をさらに上げるには?」などを、最新の研究事例を踏まえながら、わかりやすくお伝えします。


認知症を防ぐ食事について詳しく学んでみませんか?

  • この記事を書いた人

山根一彦 医学博士

一般社団法人認知症協会理事。徳島大学大学院医科学教育学部卒。医学博士。 生体防御・感染症代謝を専門とし、ミトコンドリアの活性化、インフルエンザの重症化等を研究。第一三共ヘルスケア株式会社、SBIアラプロモ株式会社など、複数の大手製薬企業で商品の開発・改良に参加。知財として価値の高い複数の特許を取得。 2017年、認知症協会理事に就任。以後、認知症予防に関する講演・執筆活動を行う。2018年より一般の読者向けに無料メール(LINE)マガジンを開始し、現在の購読者は80,000人超え。著書「認知症にならない最強の食事」。

-ニュース

© 2020 認知症協会 All Right Reserved.