養殖でも認知症予防効果あり。鮎飯のレシピ。

認知症予防レシピ

養殖でも認知症予防に効果あり!鮎飯でカルシウムも補給しよう

最近ではスーパーでも養殖の鮎が手に入るようになりましたが、

鮎はもともと傷つきやすい繊細な魚です。

串で刺して焼いて食べる鮎を想像しますが、串はくねくねに刺すのではなくなるべく曲げないように刺して焼いた方が美味しいと聞いたことがあります。

繊細は鮎は天然の獲れたてをすぐに食べるのが臭みがなく最高ですが、

養殖の鮎にもメリットがあります。

それは、DHA・EPAがたっぷりと含まれた脂がのることです。

それに骨まで食べられるのでカルシウムもしっかり摂れます。

鮎飯は淡白な鮎の身と、出汁と鮎の旨味の移ったご飯が絶妙で、非常に味わい深い料理になっています。

ぜひお試しください。

絶品鮎飯で鮎の旨味を喰らい尽くす!

【材料】

鮎・・・7匹(小ぶりだったので)

米・・・2合

醤油・・・大さじ2

昆布のだし汁・・・350ml

塩・・・適量

【作り方】

①米を研いで30分以上浸水させる。鮎に塩をふって5~10分ほど放置する。

②①の鮎を焼く。(腹ワタもそのままでOK)トースター、グリル、オーブンなど好きな方法で焼いてください。

③①の米の水気をよく切って炊飯器に入れ、醤油と水を入れて焼いた鮎を並べたらスイッチオン!

鮎飯の作り方。

④ご飯が炊けたら、鮎を取り出して骨と内臓を除く。身だけを戻してご飯と混ぜたら出来上がり!

~レシピで使った食材の豆知識~

《鮎》

天然ものと養殖ものでは、若干含まれている栄養素が違いますが、両方ともカリウム、カルシウム、タンパク質が豊富です。

カルシウムは真鰯の約3倍も含まれています。

ビタミン類は、天然ものにはビタミンB12、養殖ものにはビタミンB1・B2・Dが豊富に含まれています。

また、養殖ものは天然ものの約3倍の脂質を含んでいます。

その脂肪酸にはDHAやEPAも含まれています。そのため、特に養殖ものは生活習慣病予防に効果が期待できます。


認知症予防に必須の食材については無料の書籍でチェックしてみてください。

↓↓↓


認知症を防ぐ食事について詳しく学んでみませんか?

  • この記事を書いた人

山根一彦 医学博士

一般社団法人認知症協会理事。徳島大学大学院医科学教育学部卒。医学博士。 生体防御・感染症代謝を専門とし、ミトコンドリアの活性化、インフルエンザの重症化等を研究。第一三共ヘルスケア株式会社、SBIアラプロモ株式会社など、複数の大手製薬企業で商品の開発・改良に参加。知財として価値の高い複数の特許を取得。 2017年、認知症協会理事に就任。以後、認知症予防に関する講演・執筆活動を行う。2018年より一般の読者向けに無料メール(LINE)マガジンを開始し、現在の購読者は80,000人超え。著書「認知症にならない最強の食事」。

-認知症予防レシピ

© 2020 認知症協会 All Right Reserved.